W3C標準に準拠させるためのホームページの再構築

標準化

E&G Web Studioでは現在お持ちのホームページを、レイアウト等を極力崩さない形でWeb標準に準拠するデータで書き直し、リンク集でご紹介している各種のバリデーターでチェックの後、納品させていただきます。

インターネットエクスプローラーでしか正常表示されないホームページにお悩みの方は是非ご相談下さい。

標準化の料金は元になるデータのボリュームに左右されます。urlをお知らせいただければ無料でお見積りさせていただきますので、お気軽にご相談下さい。

ホームページリフォームの実例

脱テーブル レイアウト

しばらく前までは、例えばページを2段組みで構成する場合など、ページのレイアウトを行う際にテーブル(表)を利用するのが一般的な手法でした。

実際のところ、私が過去に作成したホームページに関してもテーブルを使用してレイアウトをしており、作成事例で取り上げているホームページのデータにもその名残りが残っているページがあります。

ところが、テーブルを組むためのhtmlタグがページのデータ量を大幅に増やし、ブラウザの処理にも時間がかかる事などから、スタイルシートを駆使してテーブルを使わないレイアウトに切替えるホームページが増えています。

Web標準ではまだ併用が認められているテーブルを使ってのレイアウトですが、今後、こういったデザイン属性のためにテーブルを使う事は禁止されていく方向にあるようです

脱テーブルでのホームページデータ作成はホームページの表示速度の向上だけでなく、プロバイダの提供するホームページ用スペースにデータ量制限がある場合には、ページのファイルサイズを縮小する事ができるのでディスクスペースの節約にもなりますし、ファイルサイズが少なくなった分、画像の解像度を上げるなど、さまざまな利用価値のあるデータ作成方法です。

現在お持ちのホームページのデータがテーブルを利用したレイアウトになっている方は、極力レイアウトを変更しない形で脱テーブルでのホームページデータにてリフォームさせていただきます。

リフォームの手順