ホームページ関連用語集

いまさら聞けない?!ホームページに関する用語解説。

ホームページに関する用語解説です。ちゃんと知っていれば、これらの用語を連呼されて、わけがわからなくなった挙句”ホームページは難しいものだから、専門家に全部任せよう”などと考える事もなくなるかもしれません。

HTML-(Hyper Text Markup Language)

ホームページのデータを作成する際に使用する言語の一つ。HTMLだけでホームページのデータを作成する事もできるが、現在は基本的にCSSと対になっている事が多い。HTMLは文字や段落の区切りや見出しの配置などに関する属性を記述する事に使うのが現在の流れ。

インターネットエクスプローラー等のホームページ閲覧ソフトで、現在ご覧のホームページのHTMLがどういう記述になっているかを確認するには【表示】メニューから【ソースの表示】で閲覧できる。

CSS - (Cascading Style Sheet)

HTMLの対になって使用する、データ作成用の言語。こちらは文字の大きさや色、配置など、装飾的な要素を記述するのに使用する。

SEO - (Search Engine Optimization)

検索エンジン最適化。日本では検索エンジンに如何にして上位表示させるかの技術のように扱われているが、本来は、検索エンジンで表示される内容をいかに自分の意図するとおりにするかの技術だと思われる。

SEM - (Search Engine Marcketing)

検索エンジンマーケティング。これも検索エンジンから如何にして効率よくアクセスを獲得するかの方法論の一つ。同じような意味を成す単語のうち、どういった単語をキーワードとして使用すべきかを解析、選択したりするもの。

例えば、”ホームページ製作”を使うか、”ホームページ作成”を使うかといった選択の研究

参考:キーワードアドバイスツール:http://inventory.jp.overture.com/d/searchinventory/suggestion/

Blog - (Web Log)

インターネット日記といったところ。ここ数年、急速に利用者を増やしたホームページの形態で、ブラウザを通して容易に新規ページ作成や更新が行えるのが特徴のコンテンツマネージメントシステム(後述)の一種。

参考:ブログの利用

WIKI

こちらもBlogと同じくブラウザ上から容易にページ作成や更新が行えるコンテンツマネージメントシステムの一種。こちらは何人かの人間の共同作業で一つのテーマに関する情報を仕上げていく使用方法として優れた環境を提供する

参考:Wikiの利用について

CMS - (Contents Management System)

前述のBlogやWikiなど、ページ内の文章や画像をサーバー側に送るだけで、後はユーザーがアクセスするたびにサーバー内のプログラムがホームページ用データとして出力してくれるシステム。いずれのシステムもコンテンツの管理が容易である事が特徴だが、デザイン等についてはプログラム側で処理されるため定型の物となる。

また、サーバー上でプログラムを利用するため、サーバーでの利用可能環境を確認して導入する必要がある。サーバー側の環境が問題なければプログラムそのものはほとんどが無料で配布されている。

参考・CMSプログラムの例

Blog用 WIKI用

RSS - (Rich Site Summary)

ホームページの見出しや要約を構造化したデータ。主にホームページの更新情報を公開するのに使用される。

専用のRSSリーダーを使用すれば自分がチェックしたいホームページのRSS情報を更新ごとに確認できる。

よく、”ビジネスブログの利点”として取り上げられるRSSだが、RSSはブログと対になっているわけではないので通常のホームページにもRSSを設置する事は可能。そして、商用サイトには有効と思われる。

PDF - (Portable Document Format)

インターネット上で文書をやり取りするためのファイル形式の一つ。文書を画像化してやり取りするなどの方法と比較してファイルサイズを小さくできるのが一つのメリットで、ホームページでカタログを公開するなどの場合に利用される。ユーザーに印刷してもらうようなページに向いている。

参考:Adobe、PDFのしくみ

SNS - (Social Networking Service)

会員制を取っていて、新規会員になるにも既存の会員の招待がないと会員になれないというクローズドな世界をインターネット上に形成しようと言う試み。

かなりの会員数を抱えているSNSが存在するため、これをビジネスにしていこうという動きはあるけれど、現在の所、利用方法は不明

参考:ミクシィ:http://mixi.jp/

W3C - (The World Wide Web Consortium)

インターネットの可能性を最大限に引き出し、共通の開発基準などを提供するために1994年に設立された組織。HTMLやCSSに関する仕様などを決定しており、各ファイルが仕様に適合しているかどうかをチェックするプログラムなども提供している